西山金属株式会社
NISHIYAMA METALS CO., LTD
スタッフブログ/NISHIYAMA METALS COMMUNITY BLOG SITE
カテゴリ:未分類( 84 )
プライド
人間誰しもプライドがあります。

それぞれ、個別のプライド。

自分のこれまでの実績に応じたプライド。

自分が自分に期待するプライド。

様々なプライドがあります。

一番カッコ悪いのは、自分のプライドより低い意識や行動。

一番カッコ良いのは、自分のプライドより高い他人の評価。

もっとできる。もっとやれる。だからまだまだ満足しない。

自分はまだまだと思える間は、成長中であると言う事です。

同時に、人を尊敬できる心が、より高い意識を継続できる。

主義主張は他人に向けてするべからず。

主義主張は自分に向けてすべし。

これですね。
[PR]
by nishiyama-blog | 2013-11-21 21:36
本質
楽天のマー君。。。凄すぎです。。。

以前から思っていた事ですが、彼の凄さはその人間的な本質だと思います。

何のこっちゃ??

彼は言わずと知れた甲子園の大スターでした。

2年連続で甲子園の決勝戦に進み、引き分け再試合を含めれば

甲子園の決勝で1勝1敗1分

何のこっちゃ??

これって凄い事なんです。

そもそも、甲子園に出れる確率は4000校で49校

高校球児の競技人口が約15万人と言われてますから、出場選手882人と言えば

882人分の15万人で0.5%。。。

その中で決勝戦に進めるのは36人。それでエースとしてマウンドに立てるのは2人。。。

もうそれこそ何のこっちゃってくらいの確立で、それを合計3回も経験したって言うんだから

本当にマー君神の子です。

普通そんな強烈な強運に生まれたら、親も子もほとんどアウト(どうしようもない奴)でしょう。

それが、田中将大は全然アウトじゃない。

おそらく、本質の部分で親御さんがしっかり育てたんだろうなと思います。

彼はプロ野球の選手になる際も、希望球団はありません。自分を必要としてくださる

球団にお世話になりたい。そう言って、新しい球団で何の実績もない楽天に入団しました。

そこから今の活躍となれば、ほとんどチーム内では大魔王のような存在になっても

おかしくないと思います。でも、チーム内でも先輩に対してしっかり敬意を払い、裏方さんに

対しても感謝を忘れない。そら、そんなイイ奴で、強運で、実力あったら誰も勝てまへんわ!

本質って本当は成功した時や、自分が調子が良い時こそ現れるんだと再確認できます。

しんどい時こそ真価が問われる。良い時こそ本質が見える。

やっぱり男の子は常にカッコよくいたいもんです!c0091222_22271552.jpg
[PR]
by nishiyama-blog | 2013-10-17 22:32
ダイヤモンド
ドン引きするほど久しぶりの更新です。

東に住んでる友達に「ブログ更新しろ!」って言われたので更新します(笑)

今、社内はまさに超・繁忙期

3年前に会社を引越して、たくさんの新入生(社員)が入学(入社)してくれました。

全員アルバイトから一人づつ集まって来ました。

1年坊主ばっかりで頑張りました。

本当に惨敗とはこの事だと言う結果でした。

そして今年で3年目。

高校野球で言えば3年の夏ばりの3年目の秋です。

みんな直向に、全力で、真剣に頑張って来ました。

c0091222_2040951.jpg
今年結果が出なければ、100%俺の責任です。

”挨拶と掃除” そればっかりの3年でした。

真剣に謙虚に、なにより正直に取り組めば必ず俺たちは勝てる 半ば洗脳のように言ってきました。

ホンマにその通りの3年でした。

今年は全員で泣けるように、あと3ヶ月あいつ等と頑張ります。

そして、彼らが持つであろう将来の子供達が、自分たちもオトンの会社に入りたい!

そう言ってもらえるような。

大きな、大きな夢への挑戦です!
[PR]
by nishiyama-blog | 2013-10-09 20:40
信頼
信頼と信用とはどう違うのか?

同じく相手を信じる気持ちには変わりないはず。

信用とは信じる事を用いると書く。用いる。

要は使うと言うニュアンスに似ている様に思える。

信頼とは、信じて頼ると書く。

頼るとは、自分ではどうする事もできない。また、どうするつもりもない。

頼ってダメならあきらめる。

そんなニュアンスに聞こえる。

どうせなら "信頼" これで行こうと思う。
c0091222_18584852.jpg

[PR]
by nishiyama-blog | 2012-08-02 18:59
誇り
誇りを賭けた戦いです。

自分たちの誇りと最後まで勝てなかったライバルの誇り。

勝つことでしか成しえない。

最後まで 一手一つ 

夢の舞台まで あと一つ
c0091222_0251143.jpg

[PR]
by nishiyama-blog | 2012-07-29 00:25
2012
今年初の更新です!

昨年は本当に色々と大変な年でした。

何といっても東日本大震災。

今日で1年ですか・・・

阪神大震災もそうです。他の震災や災害もそうです。

絶対忘れてはいけない事です。

人として。

本当に全力で。一生懸命。隣の人の為に。

みんなが本当にそう思えれば

本当に素晴らしい人生になるでしょう。
c0091222_2238687.jpg

[PR]
by nishiyama-blog | 2012-03-11 22:38
ものすごい雷でした!

正直ビビりました…
[PR]
by nishiyama-blog | 2011-08-27 23:20
日本一
今年も繁忙期に突入しました!

これから年末まで一気に行きたいと思います!

今の西山金属にはプロフェッショナルやエキスパートは居ません

過去はその高い技術力や商品力で他を圧倒していた時代もありました

今は間違いなく、その過去の実績や遺産でなんとか飛び続けています

慢心があったと言われても当然だと思います

今年2011年を復活の年とし、3年で過去に追いつき、5年で日本一を目指したいと思います

でかい事言って馬鹿じゃないの?と思われるかもしれません

自分自身も正直、馬鹿じゃないの?と思います(笑)

毎日毎日、もの凄い騒音の中で油まみれになり、世界一の金具を造ってくれているスタッフ

減産が止まらず、人数削減されて個々の負担は間違いなく増えています

その中でも世界基準を守り続けてくれています

金具チームなくして、今日の西山金属はありません

経験値など全くない状態で、毎日毎日夜遅くまで残業してくれているスタッフ

若い力の可能性と勢いを感じます

何よりその真っ直ぐに仕事に向かう素直な姿勢

こいつらならやってくれる!

そんな気持ちにさせてくれます

製本チームなくして、明日の西山金属はありません

残業の食事の支度やみんなのサポート

本当に大変な仕事です

事務系スタッフなくして金具チームも製本チームもありません

経験値の浅いハンデをガッツで乗り切ろうと、日々孤軍奮闘している

営業スタッフ

完全にムードメーカーです

今自分は、最高のスタッフに囲まれています

過去のスタッフも最高でした

ただ、自分がその最高のスタッフの力を発揮させてあげる力量がありませんでした

今の自分も大して成長していません

何が今年は変わったのか?

自分が彼らを生かそうと言う考えから、彼らに生かされていると言う考え方に変わりました

自分は彼らを信じきることが全てで、それ以上何もできないと言う事が分かりました

その意味からも3年で過去を追い越し、5年で日本一になる!

という大ぶろしき宣言に至ります(笑)

自分がやるとなれば全く自信がありませんが、彼らなら大丈夫です

I Believe

みんなで日本一になろうな!!
c0091222_175570.jpg

[PR]
by nishiyama-blog | 2011-08-20 01:11
決起集会Part1
昨日、製本チームと決起集会を兼ねてビアガーデンに行きました!

結構レアな面子も集まり中々の盛り上がりでした!

これからPart2 Part3と盛り上がって行きたいと思います!!

繁忙期に入ってこれからが本当の正念場!!

若いスタッフの力を信じて、このメンバーで天下を獲りたいと思います!!!

c0091222_2281633.jpg

[PR]
by nishiyama-blog | 2011-07-30 22:08
2011
会社の移転から2カ月が過ぎました

ようやくこちらの工場にも慣れ始めた感じです。

最近は新たなスタッフも増え繁忙期を前に整えなければいけない事が多いです。

テレビでブータン王国の政策をやっていて、

GDP 国民総生産 ではなく GNH 国民総幸福という政策をやっているそうです。

首相がおっしゃる内容が素晴らしかったのですが、

人間は幸せと喜びを混同してしまう。

喜びとは、視覚、嗅覚、味覚、感覚などの身体的な喜びを指す事が多く、

その多くは長期の感覚ではなく、意外と短い感覚の場合が多い。

幸せを感じる事は、そういった身体的な感覚ではなく、総合的に受けられる

幸福感である。これはそう簡単に消える事では無い。

これは会社でも置き換えられるなと思いました。

スタッフそれぞれに価値観も違えば、環境も性格も違う。

でも、みんな幸せになりたいと考えている。

会社が幸せを押しつけるのではなく、その個々それぞれに応じた

幸福感を共有できればと思いました。

会社として最低限の結果を出すという作業は義務づけられています。

でも、結果を出せればスタッフが幸せか?と言われた時に、疑問符が付きます。

社長としてその幸せの共有を追求する事を理念としたいと決意しました。
c0091222_23382779.jpg

[PR]
by nishiyama-blog | 2011-06-03 23:38
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Copyright(C) 2006 NISHIYAM METALS CO.,LTD. All rights reserved.